まったりメモ帳 と(ねりわさび活動記)

オンラインゲームのことやカードゲームのことや、さまざまなことをまったりと書くブログです。最近は主にお絵かきが中心だったり、じゃなかったり。サークル「ねりわさび」活動内容もこちらで情報をだします!

ポケモン育成メモ:エルフーンを育ててみた。

----------エルフーン----------
今回はエルフーンを育成してみました。
erufu-n.jpg

種族値
HP     :60
こうげき :67
ぼうぎょ  :85
とくこう  :77
とくぼう  :75
すばやさ :116

合計:480

タイプ:くさ
弱点(×2倍): ほのう/ひこう/むし/こおり/どく
抵抗(×0.5倍):みず/じめん/くさ/でんき

さて、みため的にかわいいポケモンですよね~。
種族値的には500に及ばず、強いとはいえません。唯一とりえである「すばやさ」ですが、攻撃、特攻どちらも低く、すばやさを活かしたアタッカーとしても役に立てそうにありません。
そして気になる特性ですが、どちらも新特性である「すりぬけ」「いたずらごころ」。
「すりぬけ」はリフレクターやひかりのかべの効果に関係なくダメージを与えられるというものです。
確かに攻撃力の低いエルフーンとしてはひかりのかべ等でダメージを軽減されないというのは安定したダメージを望めます。
「いたずらごころ」は変化技を先制して出せるというものです。つまり、草タイプである以上、麻痺、眠り、毒などの状態変化技を得意とするタイプなのでこの特性を活かしたいと個人的には思うわけです。

変化技は先制できますが、いくつかの役割を持たせるために耐久型にしたい。
なので努力値としては防御、とくぼう型の【ぼうぎょorとくぼう/HP=252】。できれば攻撃が下がる【防御=ずぶとい/とくぼう=おだやか】がいいのかな?
基本的に覚える技のほとんどが特殊技なので気をつけてくださいな。(とくこうが下がらない性格で^^)
技配分ですが、
【くさぶえorどくどく/やどりぎのたね/まもる/攻撃技】
さいしょは、くさぶえ→どくどくとかいいんじゃね?って思ったのですが、ここで問題点。
くさぶえは命中率55%のねむり技。眠ってる最中に毒状態にできないジャン!ってことで両立は無理です。
攻撃技なくなりますしね。
後、やどりぎのたねがつかえると、有名な「やどみが(やどりぎ→みがわり)コンボ」もありますが、個人的に好きでないのでパス。
くさぶえは、遺伝技となります。ヒマナッツを捕まえて思い出させるのが手っ取り早いかと。
で攻撃技ですが、最初のほうでエルフーンに進化してしまうと暴風しか攻撃技がありません。
一応エナジーボールを技マシン(もしくは進化前)で覚えますが、「やどりぎのたね」を撒くことを考えた場合、
相手が草タイプだった時困るので暴風でもいいのかなと。
ただし、【威力120/命中70(雨の時100or必中)ひこう】です。
私はくさぶえを使いたいので【ゆめくい】もありです。ラムのみ、カゴのみがこわいですが。
くさぶえ、やどりぎのたね、どくどく、どの技も基本的に命中率が悪い(とくにくさぶえ)のでこうかくレンズでも持たせて命中率をカバーすれば、ぼうふうでも十分なのかなと思ったりもします。
基本的に攻撃わざとしての選択肢は
草タイプの技、(くさむすび、エナジーボール、ソーラービーム)目覚めるパワー「炎」(ハッサム系もしくは鋼+草、鋼+虫タイプ対策)、とんぼがえり(ヤドリギの種→後続サポート)とか。

もちものはフォーカスレンズすいません、こうかくレンズです。
やどみがをやるならたべのこしがオススメ。

※ あくまでも、れぎがメモ程度に書いています。参考程度にみてください。
※ ブラック&ホワイトで育成しています。


以上、育成メモでした~
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2010/10/22(金) 06:56:27|
  2. エルフーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0